星馬烈

烈  「 ブログの訪問とコメントありがとうございます!

超速ガイド2017-2018を買うか悩んでいる人からコメントがありましたので感想を書きます。 」





IMG_0551


烈  「 楽天ブックスさんで買いました。」

豪  「 価格は777円だったぜ! 」







IMG_0552
烈  「 今年のミニ四駆超速ガイドブックは写真が今まで以上に綺麗だったよ

コンデレで賞を獲ったマシンがあるけどCGで合成されていて迫力があったよ、
改造よりも見た目を重視していると感じました。

今はネットの時代だから細かい改造はgoogle検索で調べれば出てくるからね、
今までミニ四駆は改造や速度、何秒でコースを完走したのか結果論を求めていたけど
これからはそういう時代じゃないと断言しているような内容でした。


それとミニ四駆に電子制御基板を乗せて改造するAIミニ四駆のことも書いてありました。
漫画に描いてあった電子制御のマシンが自作できるということを説明していたので
ひょっとするとこういう自作マシンが大会でも走行できるようになるのかもしれません、
今までのルールが大幅に改正されたりする可能性も考えられます。

3Dプリンターやパソコンで操作できるCNC旋盤なども出てきて
ミニ四駆の改造は骨格からすべて自作するという結論を出している人もいます。

しかし、
そうなるとタミヤのミニ四駆パーツが売れなくなったりもするので
AIミニ四駆や完全自作ミニ四駆はミニ四駆ボディのフタのような脇役で存在するのかもしれません、

が、

そういうものが身近な存在になったので、いつかは公式大会でも走行できる日も来ると思いました。


その他の内容はいつもと同じで最新のミニ四駆とパーツ情報が載っています。」






IMG_0553





IMG_0554


烈  「 ミニ四駆を取り巻く環境というのが見えてきた内容だったけど、

まず最初の入り口としてミニ四駆を金持ちの大人にも通用するブランドとして確立させること、
それをするにはフェラーリみたいなデザインのミニ四駆が出て来ることが必要だけど
演出も必要だからそれを一体誰がやるのか
ということなんだ

3Dプリンター等の高性能な道具は揃っているけど、時間が止まっているような状況なんだ
その理由は横から来た人がそれを盗る可能性があるからなんだ
ミニ四駆は大きなお金が動くビジネスなんだね、
高性能な3Dプリンター等も結局は学校で売ったりするしかなく個人には売れてないんだ、
パソコンのOSウインドウズがそうであったように、
個人にそういうものを売り付ける為にはそういう理由が必要でビジネスとしてだけやって来る人を防御している状態なんだ」



豪  「 とにかくミニ四駆の可能性はすごいということが理解出来たぜ!! ブログを見てくれてありがとうだぜい! 」





星馬烈

烈  「 トヨタがフェラーリに成るのに四苦八苦しているけど、
ミニ四駆が先にフェラーリブランドを名乗るから
とんでもない可能性を秘めているんだね! 」