星馬烈

烈 「 ブログの訪問ありがとうございます! 」

今回はスライドダンパー用カーボンステーの話をやってみようと思います。












星馬烈

烈 「 実は過去にこのブログでFRPとかカーボンを削って出る粉は手に刺さって痛いし、吸うと肺に悪いと書いたことがあるのですが、

それにタミヤさんが応じてくれたのか最初からスライドダンパー用の穴の開いたカーボンプレートを販売してきました。

実はこの商品はただ、カーボンで強化してプレミア感を持たせたことを売りとして販売したのではなく

何か深いワケがあるように感じました。 」




それを説明するにはミニ四駆の誕生秘話から話さなければならないと思いますが、

この本を読めばかんたんに理解できます。

とりあえず下に掲載している2枚の画像を見てください。



ライキリミニ四駆盗作






ライキリミニ四駆盗作1


烈 「 ミニ四駆は、こういう病気の子供さんにも安心して遊んでもらうためにつくられました。

ほとんどのミニ四駆の箱の表側には接着剤を使用しないで組み立て可能と、表示されていますがこういう歴史があったので実は凄い深い意味があったことだったったんですね 」


ライキリミニ四駆盗作2




ライキリミニ四駆盗作4



今回販売されたスライドダンパー用のカーボンステーも、子供さんがカーボンの粉を吸わないようにと、配慮されていたのでしょう、
これがタミヤ模型のポリシーなので実は凄い商品だったと理解できるんじゃないでしょうか







スライドダンパー用カーボンステーを使用するには、本体が必要になります。
使い方を知らなかった人には最初からセットで売っていたほうがよかったのかも知れませんが
色を選べるので好きな色で改造されてみて下さい。






スライドダンパーはスプリングを2個入れたりしてスライドの加減を調整できるのでいろいろと改造できます。






ミニ四駆初心者用に最初から安定した走りができる商品も売っていますので親切です。











星馬烈


2017年、今年はどんなパーツが出てくるのか楽しみにしています!
ブログを見てくれてありがとうございます!