星馬烈

烈 「 ブログの訪問ありがとうございます! 」

2016年、今年最後の12月のミニ四駆新製品情報を書きますのでよろしくお願いします!





まず最初にビッグバンゴーストです。

ビッグバンゴーストは僕が中学生の頃に購入したことがありました。
フロントガラスのところをピンバイスで穴を開けて、綺麗な肉ぬきができた思い出のあるマシンです。

形状が穴を開けやすいので、多分僕以外にもビッグバンゴーストは改造しやすかったと思っている人は多いと思います。

その頃は紙やすり(サンドペーパー)を持っていなかったので、鉄ヤスリで表面を仕上げてからただのスポンジで穴を開けた箇所を擦っていました。
それで表面が綺麗になったので今考えると凄いことだったと感じます、とにかく改造しやすいマシンですのでお勧めです!







ライキリというミニ四駆のクリヤーバージョンです。

屋根のところは完全な透明ではなく、少し曇った表現をしています。
すりガラスのようなイメージです。

細かいことですが、かなり凝ってつくっていると感じました。






そしてこちらはジルボルフというミニ四駆の透明バージョンです。
透明バージョンのマシンは期間限定販売ですので買えるときに買っておいたほうがいいですよ

こちらも屋根の箇所をすりガラスのような表現をしていて

全体的にライトスモークのボディですのでかなりカッコイイと思います。

ジルボルフはアストンマーチンのDB7とかに似ているので似せて改造すると凄いカッコイイミニ四駆が完成しますよ!

こちらはかなりお勧めです。






最後にご紹介するミニ四駆はかなり特徴が出ているマシンです、。

パンダと竹をイメージしているみたいです。

ミニ四駆の歴史に緑色をしたマシンはほとんどなかったので気になっていました……。

Aパーツとよばれているローラーや電池カバーの箇所が白いパーツなので部品取りとして人気が出そうです。
白いMAシャーシと組み合わせて使えば真っ白なマシンが完成します。
限定ミニ四駆はこういう部品取りとかに使えるので買っても損することはないです、ヤフオクで売ればいいですから







そして一番気になっている新パーツがこの低反発タイヤだと思います。

跳ねない素材みたいなのでこのパーツが出てきたことでレースのセッティングが一変するかもしれません、
今まではマスダンパーの提灯やヒクオとかのセッティングで跳ねるのを軽減していましたが、
このタイヤだけでも跳ねない素材みたいなので今までの考え方が変化しそうな気がしていました。


2016年、今年最後の目玉パーツだと思っています。





星馬烈

烈 「 ブログ管理人さんが住んでいる熊本市ですが今年は強い地震が二度あり熊本城が壊れました。

こういう低反発素材があれば地震とかも防げる気がしています。
今年地震が起きたのでいろんなことに使えそうな気がしていました。 」







そして最後のご紹介するパーツはmaシャーシの強化版です。

いつものキットについているシャーシはほとんど黒色ですが強化版は白色をしています。
珍しいパーツなのでこれもいくつか買い溜めしておこうと思います。








それと低反発タイヤですが、何かに似ていると思っていましたが(しみコーン)というお菓子に断面図が似ていました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しみコーン 単価17円×30入
価格:550円(税込、送料別) (2016/11/9時点)



星馬烈

烈 「 今回もブログを見ていただきありがとうございました! 」