コロコロアニキ第6号レビュー01


星馬烈星馬豪

烈&豪 「 ブログの訪問ありがとうございます!だぜい! 」


先にコメントのお返事を書きます。
そーいちろーさんへ、ペラタイヤは精度を求めたいのでイーグル模型から出ているタイヤセッターを買いたいです。
ミニ四駆に重いギアとプラズマダッシュの自作旋盤でもいいのですが精度が出ないのでやっぱりタイヤセッターを買ったほうがいいです。
アマゾンで8000円くらいで買えて電源はヤフオクのwiiのアダプターを改造した物を買えばいいと思います。情報はいろいろと調べました
その前にちょっと一度ヤフオクに改造したミニ四駆を出品して利益が出たらそのお金で買う予定ですので待っていて下さい。
いつもコメントありがとうございます。





ここからレビューを書きます。

アマゾンで予約していたコロコロアニキ第6号届きました!

今回の表紙は[ おぼっちゃまくん ]です!作者さんは天皇論とかゴーマニズムとかの本を書いている小林よしのりさんです。


22年ぶりに新作として復活したので期待しています。

おぼっちゃまくんは過去にコロコロコミックで連載されていて子供の頃は毎回読みました。
とても好きな漫画でしたしアニメ化もされたのでテレビでも見ていました。

マニアックな話ですがあの花畑牧場でキャラメルブームを起こした田中義剛さんがエンディングソングを歌っていたので懐かしく思います。

(のちに京楽という会社が出したパチンコ台にもなったので打ったこともありました。
連荘機として登場したので出ないときは1000回ハマル台でしたので恐ろしい台でした。
ちなみにパチンコ知らない方のために解説ですが1万円で200回ほど回る計算ですので出ないときは5万円以上負けるという意味です。

ちびまる子ちゃんのさくらももこさんもパチンコ台を出しましたが79分の1くらいの確立で当りが的中しやすい甘台で登場したので作者さんの意思でそこらへんは調整できるのだと思います。

ちなみにドラゴンボールはパチンコ台になることを拒んでいるみたいだから偉いのです。

余談ですがストリートファイターⅣもパチンコ台になりましたがパチンコマネーが出たので最近宣伝が活発になってきたと感じています。)







ライブアライブというゲームソフトにもなりました。

ただこのソフトは最後の終わり方がかなり悲しいソフトでしたのでスクウェアの代表的なネガティブなゲームと私は認識していますがマニアには人気の作品です。
このゲームのサントラはヤフオクでプレミアが付いているので売って利益を得ました

(wiiというゲーム機のバーチャルコンソールで2015年6月24日に配信されました)


a05b79d9c232a04a101390220e8a84f3


コロコロアニキの話に戻ります。





コロコロアニキ第6号レビュー02


烈 「 コロコロアニキ第6号には書店さんへの注意書きが書かれています。

コロコロコミックと名前が似ているので間違えて子供さんが買って保護者からクレームが来たのかもしれません 」





コロコロアニキ第6号レビュー03


豪 「 オマケはおぼっちゃまくんの過去作品が収録されたコミックとカード、そしてベイブレードの抽選プレゼントのハガキだぜ!

ベイブレードの時期はブログ管理人は高校受験だったと思うからあまり詳しく知らないけど見た記憶はあるぜい! 」






コロコロアニキ第6号レビュー04


烈 「 今回一番びっくりした内容だよ、コロコロアニキがあんまり売れ行きがよくないのか分からないけど、
単行本よりコロコロアニキのほうを買ってくれと書いてあるからみんなもコロコロアニキを買って下さい。
コロコロアニキが廃刊になるとレッツ&ゴーやハイパーダッシュ四駆朗も連載が中止されてしまい、
あたらしいミニ四駆が製造されなくなるからコロコロアニキを買って下さい!! 」



豪 「 近所の書店やコンビニ、レンタルビデオ店でもなかなか置いていないので何処で買えばいいか迷っている人はアマゾンで買うといいぜ!
アマゾンは送料無料だからガソリン代を気にすることなく買えるからいつもアマゾンで買っているぜ! 」






コロコロアニキ第6号レビュー14


豪 「 最近出たレッツ&ゴー関連の本は全部買ったぜ!
もちろんコロコロアニキも毎号買っているぜ!! 」








コロコロアニキ第6号レビュー05


烈 「 廃刊だけは避けて欲しいよね、もし廃刊になるくらいならコロコロコミックに吸収合併されるといいよね(大人向けの表現を省いて) 」


豪 「 せっかく武井先生も出てきたのに廃刊はいやだぜ!!頼むからこのブログを見ている人はアマゾンからコロコロアニキ買ってくれよ! 」









コロコロアニキ第6号レビュー06


烈 「 コロコロアニキショップでは新商品が発売されました。

限定5000個だから一回の注文で一人5個まで購入できます。
多分この利益もコロコロアニキの利益になると思うので既にコロコロアニキを持っている僕はこちらを買おうと思います。
ホイールのほうは2個過去に注文したけど勿体無いので使わずに箱の中に眠ってます 」


http://shop.corocoro.tv/

コロコロアニキショップ先のリンクアドレスです。

ゴム以外の箇所がアルマイト加工されていますが全部アルマイト加工だとコースに当った衝撃で端っこのアルマイトが剥げる可能性があるのでゴムが付いているのだと思います。
パーツを永く大切に使うならこういう組み合わせがベストなんでしょうね








コロコロアニキ第6号レビュー07


烈 「 いよいよダッシュ四駆朗のコミックも出ます。
出版が遅れたのは大幅な加筆があったみたいでコミックのみの書き下ろしもあるみたいでタダ過去作品をそのまま掲載したコミックではないみたいです。

限定版も発売されるみたいでそちらには限定品のステッカーが付くみたいです。
価格は限定版でも1200円ですので限定版を予約しようと思います。 」








コロコロアニキ第6号レビュー08


烈 「 明日ハガキを買ってきて高橋名人にコロコロアニキ廃刊にならないようにハガキを出そうと思います。
みんなもハガキを出そうぜ! 」









コロコロアニキ第6号レビュー09


烈&豪 「 武井先生のツイッターで謎だったあのマシンの情報も掲載されているので本を買ってみて下さい。

バーニングサンはアメリカのダッジみたいな車の印象を受けるからそういう改造に似合いそうだね

ダッシュ四駆朗の徳田ザウルス先生はアメリカ車が好きだったみたいなんだ、なんとなくアメ車のイメージもするね 」








ルイヴィトンファイナルファンタジーコラボ06


豪 「 そこに武井宏之先生のイメージが加わったので新しいマシンが誕生したんだぜ!

ブログ管理人を急かして早くマシン改造できるようにさせるぜ! 」








コロコロアニキ第6号レビュー10


烈 「 ベイブレードの時期は高校受験だったから詳しく知らないけど作者の青木たかお先生はミニ四ファイターVのミニ四駆漫画を描いていた人なんだ。
だから何処かでみたような絵のイメージだったから思い出したよ 」



豪 「 ミニ四ファイターVはコロコロ復刊サイトでコミックを買えるから管理人が定期収入の入る身分になってから余裕できたら買い揃えたいぜ! 」









コロコロアニキ第6号レビュー11


烈 「 それと、のむらしんぼ先生もコロコロアニキで漫画を描いてから娘さんから連絡があったみたいでそのことが漫画にも書いてあったよ
だからコロコロアニキが廃刊にならないように応援していきたいよね! 」



豪 「 泣ける話だぜ!! 」



コロコロアニキ第6号レビュー12








コロコロアニキ第6号レビュー13


烈&豪 「 そういうことなのでコロコロアニキの応援よろしくだぜい!! 」





コロコロアニキ 第6号 2016年 08月号 [雑誌]
価格:619円(税込、送料無料)



コロコロアニキは楽天ブックスでも買えるけどよく売り切れになるので、売り切れの場合はアマゾンで買って下さい。


このカッコイイマシンが出るまでは廃刊になってはいけないからブログ管理人も応援しているぜ!!

イタリアのパガーニ社のゾンダRみたいにカッコいいから発売されたらBBRとかオートアートとかのミニカーファンも興味もつと思うぜ!



ルイヴィトンファイナルファンタジーコラボ06






ミニ四駆デザイン解説026


烈 「 それとこれはNHKの特番でマセラティのドリームカーの開発現場のドキュメンタリー映像です。

このブログで紹介するか迷っていましたがいい機会なので載せます。


これはピニンファリーナというイタリアの有名なデザインスタジオの光景ですが、

一瞬だけ映りましたが右側にレイザーギルみたいなミニ四駆が置いてあります。

そのトップエリートの方がミニ四駆を認めているのでミニ四駆は教材としても支持されると思っています。

日本ではそういうマーケティングがないのでまだ子供のおもちゃとしての認識しかないけど

世界のトップエリートはミニ四駆を認めているのでミニ四駆はとんでもない原石なのです! 」




ミニ四駆デザイン解説000


番組にはケン奥山こと奥山清行さんが出ていました。

奥山さんが部下のデザイナーさんに指示を出してマセラティのドリームカーを世に出すまでのドキュメンタリーです。

清行という名前がなんとなくフェラーリという意味にも似ている気がしています。


番組では奥山さんはタイヤが大きいほうがデザインとして迫力があると言っていましたのでミニ四駆で確認してみました。


ミニ四駆デザイン解説007




ミニ四駆デザイン解説005





ミニ四駆デザイン解説008



確かに大径ホイールのほうが迫力があります。




ミニ四駆デザイン解説010


この車は「 マセラティバードケージ 」という車名です。

番組に出てきた車です。

ホイールの形状がマセラティのシンボルマークになっています。





ミニ四駆デザイン解説011






ミニ四駆デザイン解説012


これが決定されたフロントのデザインです。





ミニ四駆デザイン解説013


ちょっと確認したかったのですがフロントガラスの位置から伸びた線を合わせるならこういうラインでダクトが小さくなります。



ミニ四駆デザイン解説014


ダクトをフォトショップの画像加工ソフトで閉じてみましたが、僅かに不自然な印象を感じます。

何故でしょうか?



ミニ四駆デザイン解説015


それを確認するためにフロントのボンネットから線を引いてみると白い箇所の面積がこういうかたちで出てきました。

不自然な印象があったのはこういう理由です。

プロのデザインは全体のバランスを整えているのでこういうふうにならないのです



ミニ四駆デザイン解説016


これが決定案ですがボンネットの形が鳥の羽のような形状を保っています。
やはりプロのデザインはバランスがいいのでフロントのダクトは幅広に開けたほうが自然な印象ですので正解だと感じました。





ダクトを狭くしたデザインと並べてみるとそれが判別しやすいです。


ミニ四駆デザイン解説018


やっぱりいつの時代もプロはエリートなんです。

高性能で安くて燃費が良い日本車よりも欠点のある高い外車が売れる理由のひとつです。

美しいほうのデザインを選ぶことは人間の本能なのですが、私の世代30代ではブスを愛せという洗脳教育が子供の頃にあってリカちゃん人形を投げ捨てろとまでひどい教育を受けましたのでその世代のひとは反射的に「美」を避ける傾向にあります。


冷静に考えればリカちゃん人形はただの人形、モノであって「人間」ではないのでモノくらいは美しいモノを選んでも良いのですが日本の教育者、学校の教員はそこらへんの細かい分別を理解できてなかったのです。

つまりアホです。



金持ちは外国に留学に行けたので別ですが、こういう呪縛もあるので日本車のデザインは外車に劣るのです。
最近は色の仕分けをちゃんとやるようになったのですが造形はまだまだです


もちろん日本車のデザインのポリシーは人を跳ねたときにダメージが軽減する丸みのあるデザインになっていますが、事故を起こす人間はかなりの速度で走行するのでデザインだけで人を守るにも限度があります。

美しいデザインとは人を穏やかにする効能があるので、無理してスピードを出したい気が起きなくなるのです。

美しい車が事故で壊れると悲しいから事故起こさないように安全運転するのです。

フェラーリは何十年前のボロでも資産価値があるので手放しても高値で売れます。

これが美の効能です。




だからデザイナーは徹底して人間としても優れていなければなりません、
結局は優秀な人でなければデザインは完成できません
私は最近になって女性がする化粧品を扱いながら女性求めている美とは何だ!と考える日々が続いていました
結論はすぐには出ませんが出たときに何か完成しそうです。

今までヤフオクで所持品を全部売りながらロードバイクの負債を返済していましたが、そろそろ負債もなくなるのでミニ四駆に集中できる環境が整いつつありますので今年はいけると思います。





奥山清行さん涙001

これは番組に出てきた重要な場面です。
奥山さんが住む家の裏山には車が不法投棄されているのです。



奥山清行さん涙002


不法投棄される日本車はデザインが美しくないからこういうことになると話していました。

それに比べて古い時代のブガッティや黒いフェラーリが田舎の納屋に放置されてボンネットがへこんでいたり草の根が張っていても美し車はどういう状況にあっても美しさがあるから価値が落ちないと熱弁していました。



奥山清行さん涙003


デザイナーが適当な車を造るとこういうふうに捨てられるのです。

お金を出して買ったほうも大切にする気が起きないからです。

過去に自分がデザインした車もここに廃棄されたので奥山さんは涙ながらに「美しくないモノ」を造ってはいけないと強く主張していたのです。

この番組を見てその意味が理解できましたので謎が解けました。




ライキリミニ四駆盗作2


今だから言えることですが、もし最初のミニ四駆のデザインがヘボかったら私はミニ四駆を買わなかったと思います。

この頃はラジコンのほうが圧倒的に人気が上でしたが、
自由に操縦できない真っ直ぐ走ることしかできない性能に劣るミニ四駆が人気が出たのは「デザイン」が美しかったからです。


美術や芸術にも興味のない小学生でしたが支持したものは美しいモノでしたので、無知な子供でも人は美しいモノを求める傾向にあると身を持って知りました。


信じがたい話にも聞こえますがもし、ヒュンダイがメルセデスやフェラーリを超えるデザインを創造できれば自動車業界は天地がひっくり返ると思います。
ヒュンダイの株を安いときに買い占めて本物のデザイナーを送り込めば売り上げアップで株価を操作できるので株価を操作する人はそういうふうに組織にスパイを送り込んでいるのだとも感じました。

デザインからそういうことも理解できるのでデザイナーは結構な身分なんです

話が長くなりましたがブログを見ていただきありがとうございます。