管理人  「 ブログの訪問ありがとうございます。 」


今年2016年2月11日に32歳になりました。
最近になって理解したことですがターミネーター2に美男子が出ていたとは気付きませんでした!
あの頃はシュワルツネッガーしか見ていません彼の印象が強烈だったからです
知事になるとは夢にも思っていませんでした





ターミネータ2ケビンコナー


ジョンコナーさん
(映画ではこんなシーンあったかな?ネットで美男子検索して出てきました)

Google検索で探しましたが本名はエドワードファーロングという名前みたいです。


私が映画を見た頃は男は化粧をしないという考えが一般的で学校の教師が生徒を叩いても問題にならない時代だったので美男子センサーが鈍っていて反応しませんでした(汗)

最近になってテレビではおかまとかゲイとかゲイ人とかが平気で出てこれる時代になりましたが、私の世代ではそれは信じられないことでした。
男のエステとかは名を偽った売春宿だろうと思っていましたが本当にエステだけのようです。
私の街ではストリップショーを宣伝する車やワイズとかいうエロビデオ屋の看板に見て勃起、使ってスッキリだとかそういうわいせつな言葉を平気で看板に出すような街でしたのでよくない地域でした。
(30代で熊本市にお住いの方ならこの話を知っている筈)


それは余計でしたがとにかくミニ四駆を丁寧に作り上げていくうちに「美」をコンクールデレガンスで追求しなければならない状況になったので、
ごく自然と「美男子」という繋がりに行き着いたのだと思います(謎)




ケビンコナー美男子01



ダッシュ四駆郎世代なら喧嘩番長とかが流行っていたみたいなので家が相当な裕福で演劇とか観てないと美男子を理解出来ないかも知れません

がッ!

奇跡的に美輪明宏さんが居たので美男子がどういうものか知っているのかも知れません


美輪明宏は美男子

いろいろ書きたいことはありますが奥山清行さんの言葉ではデザイナーは言葉でも伝えることが重要だと話していましたので短くまとめたいと思います。



「美」を追求する人は暴力や殺人をしない、好まない



そういう理由から美を理解できる人はごく少数になるのだと思われます。
私もグラップラー刃牙とかYouTubeでゴーストライダー、ゲッタウェイinストックホルム、ドラッグタイムとか最高速バトルや暴走自動車&バイク野郎を見て悦んでいた時期がありましたが最近はもう一切見なくなりました。
ネットでのエロ画像検索も我慢しています。


家のテレビも地デジの赤いカードを引き抜きフッ素加工された長バサミでカットしテレビを見れなくしました。
私の家では新聞も取らなくなりテレビも見れません、こういう状況ですが親も納得してくれました。


コンデレ用の綺麗なミニ四駆を作る下準備は整っているのですが2月に家の電話を止められたので今度は生活の心配をするようになりました。
なので過去に集めていたコレクションをヤフオクで手放し換金しながらどうやって生活していくか考えていました。
家の話はここまでにしますが、とにかく「美」を追求したミニ四駆を作るには美を理解していくことが必要でした。










ケビンコナー美男子02


ジョンコナーさん

32歳になった私に美を教えてくれた人になります。
ターミネーターの映画もどうせなら美男子ロボットを量産すれば戦争にならずに済んだだろうにと思います。





ケビンコナー美男子03








ケビンコナー美男子04



日本人でも小顔の人がお化粧すれば美男子になれると思います。
多分、男が化粧することを禁じているのは女性の立場がなくなるからじゃないかな?
そうなれば確かにゲイとかおまかとか増えて国の人口が減ることが予測できますが、
一家族、ゲイ2人と腐女子1人の3Pの組合せなら子孫も繁栄出来るし、棒と穴の数も合うので3人家族が最適な組合せじゃないかと感じています。

まだそこまで人類が平和じゃないかもしれないけど殿様の理想論としては良いだろうと思います。

ハイブリッドカーとか電気自動車とかハイテクな文明が既にあるんだから今度は人類の思考が進化しなきゃならんと感じています
今頃になって気付きましたが女性が赤いランドセルで男が黒だったりコンビニの目につく所にエロ本を置くことは遠回しに国が人口増加を狙っての策略だったんだろうと思っています、まだそんな時代だから「美」を理解することは難しいけど、少数派だけど美を選択することをやっていこうと思います。







武井宏之の美男子


ここにも一人私に美を教えてくれた人がいます。武井宏之先生です

シャーマンキングのマンガ本は一切読まなかったのですが単行本の表紙が良かったので気になっていましたがいつしかミニ四駆のシューティングプラウドスターをデザインしたり、コロコロアニキの漫画雑誌でハイパーダッシュ四駆郎の漫画を描いたりしているので凄い奇跡のような話です。



話はここら辺で止めときますが、家のほうが余裕できたらまたミニ四駆作ろうと思います。
暫くこのブログはミニ四駆関連の話は減りますがよろしくお願いします。
ブログを見て頂きありがとうございます。



烈アネキになってからブログの内容が変化していきます。